流行りのウェディング・神前式を挙げられる神社を東京で見つけよう

式次第について

東京でも挙げることができる神前式とは、教会で挙げるチャペル式の結婚式でいうところの教会が神社になり、神父さんが神主に、讃美歌が雅楽に……と、和式に揃えられた結婚式のことですが、単に着る服や聞こえる音楽が違うだけではありません。昔からの伝統に沿ったさまざまな行事が行われるのが、神前式の特徴です。
もちろん実際に東京の神社に神前式を申し込み、プランを具体的に形作っていく中で式次第については知ることができますが、どんなことが行われるのか概要を押さえておきましょう。

神社で挙げる神前式の、大まかな内容自体はチャペル式の結婚式と変わるものではありません。参列者がいる中に新郎新婦が登場し、その前で結婚の誓いをします。キリスト教でも仏教でも、結婚というものに対するとらえ方は同じなのです。もちろんイスラム教やその他の宗教でも同じで、たとえばイスラム教の結婚式は彼らにとっての神社、教会に当たるモスクで行われます。ただしそんな中でも、神前式の場合は、新郎新婦が二人で行うことが色々ある、という点が特徴です。
神主さんや巫女さんたちに続いて会場に入る新郎新婦は、神前にリズムを合わせて柏手を打ち、頭を下げます。
神主さんが祝いの言葉を述べる「祝詞奏上」があったあとで、新郎新婦がお神酒を飲む「三々九度」があり、巫女さんたちが雅楽に合わせて優美な舞を踊り、最後は神主さんが神様につつがなく式が終わったことを伝えておしまいです。
タイミングを合わせてお辞儀をしたりお神酒を飲んだりと、新郎新婦が息を合わせて式次第を進めていく必要があります。

ところで、そんな神前式ですが、東京には「指輪交換」も式次第に取り入れている神社があります。
やはり夫婦になるからには輝く指輪を互いの指に嵌めるという指輪交換は、美しく感動的な儀式と言えるでしょう。東京の神社では、しっかりそのへんも押さえてくれるのです。