流行りのウェディング・神前式を挙げられる神社を東京で見つけよう

会食付きの結婚式

「結婚式のあとは披露宴」となるのが、今のウェディングの一般的な流れです。結婚式で近しい人たちに夫婦の前途を祝ってもらい、披露宴でたくさんの人を集めてさらににぎやかに祝ってもらう、という流れになっています。吉日ともなると、披露宴の会場として使われることが多い東京のホテルは多くの人でごった返します。
東京の神社で神前式を挙げたあとも、もちろんホテルに移動して披露宴を挙げるということが可能ですが、あわただしく披露宴会場に向かう前に、神前式に参加した人のみで会食をすることもできます。神前式は家族とごくごく親しい友人だけを集めて挙げる、どちらかといえば小規模な式ですが、会食はその場で行うことができます。
披露宴が始まってしまうと色んな人が集まるし、しみじみと祝い事を親しい人たちで喜び合うという機会はなかなかないかもしれません。神前式後の会食は、そのような機会をもたらしてくれるものなのです。
「披露宴の前に会食をしたい」という場合は、東京の神社の中でも、境内に会食の施設を持っているところを選びましょう。会食のメニューはもちろん和食が基本ですが、東京都内の名うての料理人を呼び寄せて料理をしてもらうことも可能になっています。贅沢で満ち足りたひとときを過ごすことができるのです。
新婦の親友なのに、どうしてもはずせない用があって夜まで延々と続く披露宴には参加できない、という人がいるときも、会食が行える東京の神社なら、ゆっくりじっくりと祝ってもらえるでしょう。