流行りのウェディング・神前式を挙げられる神社を東京で見つけよう

衣装は選べる

「結婚式で着る衣装」は、特に女性にとっては大きなテーマと言えます。
結婚式の日は、一生に一度の思い出深い日になるわけですから、やはり最高の姿で迎えたい。そのためには、最高の衣装が必要よ……!というわけです。チャペル式の結婚式で着るウェディングドレスや、神前式で着る白無垢など、女性の清楚さを強調した美しい衣装は、充分にその想いに応えてくれるものと言えるでしょう。
ただし、東京で神前式を挙げられる神社の中には、白無垢以外の衣装を着ることができるところもあります。
「色打掛」というタイプの衣装で神前式を執り行うことができる神社が、東京にはあるのです。
白一色の白無垢はちょっと物足りないカモ……という女性の声に応えるもの……というよりも、昔からある衣装です。

東京の神社で着ることができる色打掛とは、赤や青、金などの華やかなカラーで装うことができる衣装です。白の着物の上に羽織る形で着るので、「結婚」には欠かせない「白」という清純さを表す色もちゃんとあります。
ちなみに、東京の神社では白無垢、色打掛にかかわらず衣装は貸し出しをしているというところがほとんどです。良い着物を作るのはなかなかお金がかかるものですし、神前式の衣装ともなるとけっこう高額です。しかし1日限りのレンタルならそれほどお金をかけずに用意できます。
また、もちろん和の衣装に合う和風のヘアスタイルなども、しっかり結い上げてもらうことができます。完璧な装いで、完璧な日を迎えましょう。