流行りのウェディング・神前式を挙げられる神社を東京で見つけよう

タブレットを見ているカップル

今、流行の結婚式

式場にいる二人

結婚式のスタイルについて考えることは重要です。
どんな会場で、どんな人を呼んで、どんな催しをして、どんなふうに自分たちの新しい姿を披露するか。祝ってもらうか……。
長らく「定番のスタイル」とされてきたのは、それが日本で取り入れられた当時は斬新でしたが今では当たり前のものになってしまったチャペル式の結婚式。
ステンドグラスを通して入ってくる清浄な光に包まれ、神父さんの前で指輪を好感して永遠の愛を誓いあう……そんな結婚式はテレビドラマでもよく描かれているし、実際に親戚や友人の結婚式に参加したことがある人も多いでしょう。東京では、吉日には新しい夫婦の門出を祝う教会の鐘の音が聞こえます。

しかし今の流行りとなっているのは、一周まわって古式ゆかしき和のスタイル。神前式と呼ばれる結婚式です。
教会での結婚式も、「十字架」や「神父さん」といった「神前」の要素が見られるものですが、ここでテーマとなる神前式は、和の神様の前で永遠を誓い合うというスタイルの結婚式です。場所は神社。タキシードとウェディングドレスのかわりに紋付き袴と白無垢姿で、讃美歌のかわりに雅楽、神父さんのかわりに神主さんが登場する神前式は今、一周まわって「斬新」とされているのです。
そんなウェディング業界の流行りを察知して、東京でも神前式を挙げられる神社が増えています。さすが東京、流行の発信地と言えるでしょう。
東京で神前式を挙げられる神社を探すには、ネットで探すのがいちばんです。どんな会場で式ができるのか、どんな催しができるのか、知ることができます。

式次第について

神前式

神社で挙げる神前式の、独特の作法のもとで進む「式次第」について説明します。最近は、「結婚式といえばコレ!」といわれる指輪交換なども柔軟に取り入れている神社が、東京にはあります。

続きを読む

衣装は選べる

式を挙げる二人

神前式で着る白無垢は女性にとって憧れのひとつ。ですが、「白一色よりはカラフルな方が好み」という人のために色打掛というタイプの衣装を用意する神社も、東京にはあります。

続きを読む

会食付きの結婚式

廊下を歩く新婦

神前式のあとは同じ敷地内で簡単な会食の機会を持つことができるという神社も、東京にはあります。本格的な披露宴を前に、近しい人たちだけで和やかな会食の席を設けることができます。

続きを読む